水星

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページ「水星」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。
Wikipedia
ウィキペディア水星の記事があります。
水星の衛星写真、マリナー10号撮影

水星[編集]

水星は、太陽系で最も太陽に近い惑星。即ち太陽系第1惑星。

現在確認されている太陽系天体のうち、2番目に直径が小さく (地球の2/5)、1番目に質量が小さい。

公転しながら自転をしているため、水星は太陽系の惑星の中で唯一、一年より一日の方が長い惑星である。

  • 赤道直径 … 4879km
  • 自転周期 … 58.65日
  • 公転周期 … 87日 23.3時間
  • 密度 … 5.43g / cm3
  • 体積 … 6.06 × 1019 m3
  • 質量 … 3.302 × 1023 kg

大気と構造[編集]

大気の性質[編集]

水星の大気は希薄[1]であるため、以下はあくまで参考にしかならないと思われる。

  • カリウム … 31.7 %
  • ナトリウム … 24.9 %
  • 酸素(単体含む) … 15.1 %
  • アルゴン … 7.0 %
  • ヘリウム … 5.9 %
  • 窒素 … 5.2 %
  • 二酸化炭素 … 3.6 %
  • 水 … 3.4 %
  • 水素 … 3.2 %

構造[編集]

外部から、薄いガス層,地殻,マントル,鉄核となっている。
表面は月とよく似ており、無数のクレーターが水星を覆う。
なかでもカロリス盆地(Caloris Basin)は水星最大のクレーターである。
直径は約1550キロメートルであり、これは水星の直径の1/4よりも大きい。

温度[編集]

水星は太陽に近く、88日間太陽の面を向くので非常に温度が上がる。しかし88日間太陽に当たらないので非常に温度が下がる。

  • 地表
    • 最高 … 700 K (約 427 ℃)
    • 最低 … 90 K (約 -183 ℃)
    • 平均 … 452 K (約 179 ℃)

脚注[編集]

  1. ^ 地球の一兆分の一と、実験室で作れる真空よりはるかに薄い。