「高校化学 合成高分子化合物」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
ポリエチレンオキシドなどはアルカリ金属塩との複合体を形成しやすいという性質があるので、いちぶのメーカーのリチウムイオン電池の材料として活用されている。
(ポリエチレンオキシド)
(ポリエチレンオキシドなどはアルカリ金属塩との複合体を形成しやすいという性質があるので、いちぶのメーカーのリチウムイオン電池の材料として活用されている。)
[[File:Poly(ethyleneglycol).png|thumb|ポリエチレンオキシド]]
 
ポリエチレンオキシドという、図のような構造式 (-CH<sub>2</sub>-CH<sub>2</sub>-O-)n の高分子化合物がある。
 
なお、ウィキペディア日本語版によると、ポリエチレングリコールは、ポリエチレンオキシドの一種である。
ポリエチレングリコールは、バイオテクノロジーの実験でプロトプラストと呼ばれる状態の細胞を作る際に、よく用いられる。(※ 『[[高等学校生物/生物II/遺伝情報の発現]]』)
 
なお、ポリプロピレンオキシドという構造式 (CH<sub>2</sub>-CHCH<sub>3</sub>-O-)n の分子もある。(ポリプロピレンについては、のちの単元で後述する。)
 
ポリエチレンオキシドなどはアルカリ金属塩との複合体を形成しやすいという性質があるので、いちぶの製造業メーカーのリチウムイオン電池の材料として活用されている。(※ 参考文献: 文部科学省『工業材料』(工業高校の教科書))
}}
 
23,477

回編集

案内メニュー