「TeX/LaTeX入門」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
M
→‎解説: ロゴ
(→‎特殊記号: <math>を使ってマークアップ)
M (→‎解説: ロゴ)
'''\begin{...}'''は'''\end{...}'''と対応して使い、''環境''と呼ばれる区切りをあらわします。今回の場合、環境は'''document'''です。これは文書の本文を示す重要な環境で、この中にあるものが出力されます。\begin{document}より前の行を''プリアンブル''と呼びます。
<syntaxhighlight lang="latex" start=4 line>Hello, \TeX \\ </syntaxhighlight>
最初の段落で、\に続く'''\TeX'''は''コマンド''と呼ばれ、様々な表現を可能にします。このコマンドはTeXのロゴ(T<span style="text-transform:uppercase;margin-left:-0.1667em;vertical-align:-0.5ex;line-height:0;margin-right:-0.125em">e</span>X)を表示します。'''\\'''は強制改行をするコマンドです。
<syntaxhighlight lang="latex" start=5 line>Hello, \LaTeX \\ </syntaxhighlight>
前の段落で強制改行されているので、行頭は字下げされずに出力されます。'''\LaTeX'''はLaTeXロゴ(L<span style="text-transform:uppercase;font-size:70%;margin-left: -0.36em; vertical-align:0.3em;line-height: 0; margin-right:-0.15em">a</span>T<span style="text-transform:uppercase;margin-left:-0.1667em;vertical-align:-0.5ex;line-height:0;margin-right:-0.125em">e</span>X)を出力するコマンドです。行末に強制改行のコマンドがあります。
<syntaxhighlight lang="latex" start=6 line>\end{document} </syntaxhighlight>
本文の終わりを示します。これ以降は出力されません。
4,607

回編集

案内メニュー