破産法第16条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法破産法コンメンタール破産法破産法第16条)(

条文[編集]

(法人の破産手続開始の原因)

第16条  
  1. 債務者が法人である場合に関する前条第一項の規定の適用については、同項中「支払不能」とあるのは、「支払不能又は債務超過(債務者が、その債務につき、その財産をもって完済することができない状態をいう。)」とする。
  2. 前項の規定は、存立中の合名会社及び合資会社には、適用しない。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]

このページ「破産法第16条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。