私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律第96条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンメンタール私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律)(

条文[編集]

第96条  
  1. 第89条から第91条までの罪は、公正取引委員会の告発を待つて、これを論ずる。
  2. 前項の告発は、文書をもつてこれを行う。
  3. 公正取引委員会は、第1項の告発をするに当たり、その告発に係る犯罪について、前条第1項又は第100条第1項第一号の宣告をすることを相当と認めるときは、その旨を前項の文書に記載することができる。
  4. 第1項の告発は、公訴の提起があつた後は、これを取り消すことができない。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]



このページ「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律第96条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。