聖書原典購読―初級―/1

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ああ、主、ヤハウェよ[編集]

‏ אֲהָהּ אֲדֹנָי יְהוִה ‎[編集]

聖書に全部で11回出てくる(ヨシュア記77士師記622列王紀下65エレミア書1641014133217エゼキエル書4149811132049)。

‏ אֲהָהּ ‎ 'ahāh 「ああ!」。おそれの間投詞。最後の ‏ה‎ にはマッピークがあるので、アハーではなく、アハーハと発音する。

‏ אֲדֹנָי ‎ 'adōnāy 「主」。ヤハウェにのみ用いる。その他の場合は ‏ אָדוֹן ‎ ādōn。語尾の ‏ ־ׇי ‎ āy が元来何を意味したかについては、研究者の間で意見が分かれる。主に、1. 意味を強める接尾辞 afformative -ay から(例えば人名 ‏ הַגַּי ‎ haggay < ‏ הַג ‎)、2. ‏ אֲדֹנִי ‎ adōnī 「わが主」から(単数 ‏ אָדוֹן ‎ に一人称単数の接尾代名詞が付いた形。接尾代名詞がつくと、語調が変わり、‏ אָדוֹן ‎ の母音字ワウが落ちるのが普通)、3. ‏ אֲדֹנַי ‎ adōnay 「わが主」から( ‏ אָדוֹן ‎ の複数形 ‏ אֲדֹנִים ‎ に一人称単数の接尾代名詞が付いた形。この場合の複数は、‏ אֱלֹהִים ‎ elōhīm 「神々」→「神」と同様、尊厳の複数)、と三通りの説明がある。確かなことはわからない。ともあれ、‏ אָדוֹן ‎ がヤハウェに用いられるとき、いつからかユダヤ人は ‏ אֲדֹנָי ‎ と発音し、他の場合と区別した。

‏ יְהוִה ‎「ヤハウェ」。‏ יהוה ‎ は古代イスラエルの神名。ユダヤ人は十戒の第三戒(出エジプト記207)に従って、‏ יהוה ‎ の名を口にしなかった。聖書本文に ‏ יהוה ‎ の名が出るときは、普通、‏אֲדֹנָי ‎ adōnāy と発音した。そのために ‏ יְהוָה ‎ と母音記号がつけられた(‏־ֲ‎が‏־ְ‎になっているのは、‏־ֲ‎ は、通常、‏א‎、‏ה‎、‏ח‎、‏ע‎ の四つの喉音にしかつかないから)。ところが ‏ אֲדֹנָי ‎ が ‏ יהוה ‎ の前に来る場合には、adōnāy adōnāy と二重になってしまう。そこで、このような場合には ‏ יהוה ‎ を ‏ אֱלֹהִים ‎ と読んだ。従って、‏ יהוה ‎ の母音が ‏ יְהֹוִה ‎ もしくは ‏ יְהוִה ‎ となる(‏־ֱ‎ が ‎־ְ‎ となる理由は ‏ ־ֲ ‎ が ‏ ־ְ ‎ となる場合と同じ)。なお、この問題についてはこちらを参照。‏ יהוה ‎ が何故ヤハウェ(Yahweh) なのかについては、いずれ説明する機会があると思う。

我々は、人生の歩みにおいて、幾度となく「ああ、主よ」と叫びたくなることがある。