コンテンツにスキップ

育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律第23条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

コンメンタール育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律

条文[編集]

(勤務時間の短縮等の措置等)

第23条  
  1. 事業主は、厚生労働省令で定めるところにより、その雇用する労働者のうち、その一歳(当該労働者が第5条第3項の申出をすることができる場合にあっては、1歳6か月。以下この項において同じ。)に満たない子を養育する労働者で育児休業をしないものにあっては労働者の申出に基づく勤務時間の短縮その他の当該労働者が就業しつつその子を養育することを容易にするための措置(以下この項及び次条第1項において「勤務時間の短縮等の措置」という。)を、その雇用する労働者のうち、その1歳から3歳に達するまでの子を養育する労働者にあっては育児休業の制度に準ずる措置又は勤務時間の短縮等の措置を講じなければならない。
  2. 事業主は、その雇用する労働者のうち、その要介護状態にある対象家族を介護する労働者に関して、厚生労働省令で定めるところにより、労働者の申出に基づく連続する93日の期間(当該労働者の雇入れの日から当該連続する期間の初日の前日までの期間における介護休業等日数が1以上である場合にあっては、93日から当該介護休業等日数を差し引いた日数の期間とし、当該労働者が当該対象家族の当該要介護状態について介護休業をしたことがある場合にあっては、当該連続する期間は、当該対象家族の当該要介護状態について開始された最初の介護休業に係る介護休業開始予定日とされた日から起算した連続する期間のうち当該労働者が介護休業をしない期間とする。)以上の期間における勤務時間の短縮その他の当該労働者が就業しつつその要介護状態にある対象家族を介護することを容易にするための措置を講じなければならない。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
育児介護休業法第22条
(雇用管理等に関する措置)
育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律
第6章 事業主が講ずべき措置
次条:
育児介護休業法第24条
(3歳から小学校就学の始期に達するまでの子を養育する労働者等に関する措置)
このページ「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律第23条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。