労働基準法第67条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

労働基準法

条文[編集]

(育児時間)

第67条
  1. 生後満1年に達しない生児を育てる女性は、第34条の休憩時間のほか、1日2回各々少なくとも30分、その生児を育てるための時間を請求することができる。
  2. 使用者は、前項の育児時間中は、その女性を使用してはならない。

解説[編集]

  • 第34条(休憩)

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
労働基準法第66条
(妊産婦の労働時間に関する制限)
労働基準法
第6章の2 妊産婦等
次条:
労働基準法第68条
(生理日の就業が著しく困難な女性に対する措置)
このページ「労働基準法第67条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。