著作権法第100条の5

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール著作権法

条文[編集]

(有線テレビジョン放送の伝達権)

第100条の5
有線放送事業者は、その有線テレビジョン放送を受信して、影像を拡大する特別の装置を用いてその有線放送を公に伝達する権利を専有する。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
著作権法第100条の4
(送信可能化権)
著作権法
第4章 著作隣接権
第5節 有線放送事業者の権利
次条:
著作権法第101条
(実演、レコード、放送又は有線放送の保護期間)
このページ「著作権法第100条の5」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。