行政不服審査法第14条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学行政法コンメンタール行政不服審査法

条文[編集]

w:審査請求期間)

第14条
  1. 審査請求は、処分があつたことを知つた日の翌日から起算して六十日以内(当該処分についてw:異議申立てをしたときは、当該異議申立てについての決定があつたことを知つた日の翌日から起算して三十日以内)に、しなければならない。ただし、天災その他審査請求をしなかつたことについてやむをえない理由があるときは、この限りでない。
  2. 前項ただし書の場合における審査請求は、その理由がやんだ日の翌日から起算して一週間以内にしなければならない。
  3. 審査請求は、処分(当該処分について異議申立てをしたときは、当該異議申立てについての決定)があつた日の翌日から起算して一年を経過したときは、することができない。ただし、正当な理由があるときは、この限りでない。
  4. 審査請求書を郵便又は民間事業者による信書の送達に関する法律 (平成14年法律第99号)第2条第6項 に規定する一般信書便事業者若しくは同条第9項 に規定する特定信書便事業者による同条第2項 に規定する信書便で提出した場合における審査請求期間の計算については、送付に要した日数は、算入しない。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第13条
(代表者の資格の証明等)
行政不服審査法
第2章 手続
第2節 処分についての審査請求
次条:
第15条
(審査請求書の記載事項)
このページ「行政不服審査法第14条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。