コンテンツにスキップ

行政不服審査法第3条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

法学行政法コンメンタール行政不服審査法

条文[編集]

(不作為についての審査請求)

第3条
法令に基づき行政庁に対して処分についての申請をした者は、当該申請から相当の期間が経過したにもかかわらず、行政庁の不作為(法令に基づく申請に対して何らの処分をもしないことをいう。以下同じ。)がある場合には、次条の定めるところにより、当該不作為についての審査請求をすることができる。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第2条
(処分についての審査請求)
行政不服審査法
第1章 総則

次条:
第4条
(審査請求をすべき行政庁)


このページ「行政不服審査法第3条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。