行政事件訴訟法第7条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタール行政事件訴訟法

条文[編集]

(この法律に定めがない事項)

第7条
行政事件訴訟に関し、この法律に定めがない事項については、民事訴訟の例による。

解説[編集]

元々、行政事件訴訟特例法(廃止)1条[1]にあった内容をここ(7条)に移してきたものである。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第6条
(機関訴訟)
行政事件訴訟法
第1章 総則
次条:
第8条
(処分の取消しの訴えと審査請求との関係)


このページ「行政事件訴訟法第7条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。
  1. ^ 「第一条 行政庁の違法な処分の取消又は変更に係る訴訟その他公法上の権利関係に関する訴訟については、この法律によるの外、民事訴訟法の定めるところによる。」(行政事件訴訟特例法より引用)