行政手続法第8条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタール行政手続法

条文[編集]

(理由の提示)

第8条
  1. 行政庁は、申請により求められた許認可等を拒否する処分をする場合は、申請者に対し、同時に、当該処分の理由を示さなければならない。ただし、法令に定められた許認可等の要件又は公にされた審査基準が数量的指標その他の客観的指標により明確に定められている場合であって、当該申請がこれらに適合しないことが申請書の記載又は添付書類その他の申請の内容から明らかであるときは、申請者の求めがあったときにこれを示せば足りる。
  2. 前項本文に規定する処分を書面でするときは、同項の理由は、書面により示さなければならない。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第7条
(申請に対する審査、応答)
行政手続法
第2章 申請に対する処分
次条:
第9条
(情報の提供)


このページ「行政手続法第8条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。