都市計画法第78条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタールコンメンタール都市計画法

条文[編集]

(開発審査会)

第78条
  1. 第50条第1項に規定する審査請求に対する裁決その他この法律によりその権限に属させられた事項を行わせるため、都道府県及び指定都市等に、開発審査会を置く。
  2. 開発審査会は、委員五人又は七人をもつて組織する。
  3. 委員は、法律、経済、都市計画、建築、公衆衛生又は行政に関しすぐれた経験と知識を有し、公共の福祉に関し公正な判断をすることができる者のうちから、都道府県知事又は指定都市等の長が任命する。
  4. 次の各号のいずれかに該当する者は、委員となることができない。
    一 破産者で復権を得ない者
    二 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
  5. 都道府県知事又は指定都市等の長は、委員が前項各号のいずれかに該当するに至つたときは、その委員を解任しなければならない。
  6. 都道府県知事又は指定都市等の長は、その任命に係る委員が次の各号のいずれかに該当するときは、その委員を解任することができる。
    一 心身の故障のため職務の執行に堪えないと認められるとき。
    二 職務上の義務違反その他委員たるに適しない非行があると認められるとき。
  7. 委員は、自己又は三親等以内の親族の利害に関係のある事件については、第五十条第一項に規定する審査請求に対する裁決に関する議事に加わることができない。
  8. 第二項から前項までに定めるもののほか、開発審査会の組織及び運営に関し必要な事項は、政令で定める基準に従い、都道府県又は指定都市等の条例で定める。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
都市計画法第77条の2
(市町村都市計画審議会)
都市計画法
第5章 社会資本整備審議会の調査審議等及び都道府県都市計画審議会等
次条:
都市計画法第79条
(許可等の条件)
このページ「都市計画法第78条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。