金星

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天文学 > 太陽系 > 金星

このページ「金星」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。
Wikipedia
ウィキペディア金星の記事があります。
金星の衛星写真、マリナー10号撮影

金星[編集]

金星は、太陽系で2番目太陽に近い惑星。太陽系第2惑星。

現在確認されている太陽系天体のうち、他の惑星とは違い自転が逆向きである。これは、過去に隕石が衝突したためではないかと考えられている。

  • 赤道直径 … 4879km
  • 自転周期 … 243.02日
  • 公転周期 … 224.70日
  • 密度 … 5.20g / cm3
  • 質量 … 4.869 × 1024 kg

金星の大気と構造[編集]

大気の性質[編集]

金星の大気は主に二酸化炭素からなり、気圧が地球の約90倍もある。また、金星全体を覆っている雲は硫酸から成る。

金星上空には風速が100m/sにも達するスーパーローテーションと呼ばれる風が吹いている。この風は自転速度よりもかなり速い[1]。スーパーローテーションの仕組みについてはまだ解明されていない。

構造[編集]

金星にはセドナ平原などの平原が多くを占める。その一方、火山活動の跡が見られ、溶岩流や火口などが見られる。

また、金星にはプレートの運動はないと推測されておりその結果、地球より大きい山脈・山地が多く、マクスウェル山脈は11kmにのぼる。

その他にもクレーターやコロナと呼ばれる円状の地形などがある。

温度[編集]

二酸化炭素の温室効果で温度は水星よりも高くなっている。

  • 地表
    • 最高 … 773 K (約 500 ℃)
    • 最低 … 673 K以上 (400 ℃以上)
    • 平均 … 737 K (約 464 ℃)

脚注[編集]

  1. ^ 金星の自転速度は243.02×86400秒に2×3.14159×4879000m進むから約1.5m/sである。