雇用保険法施行規則第101条の2の2

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンメンタールコンメンタール労働雇用保険法施行規則)(

条文[編集]

第101条の2の2  
  1. 厚生労働大臣は、法第60条の2第1項 の規定による指定をしたときは、次の各号に掲げる事項を記載した講座指定通知書を、当該教育訓練を行う指定教育訓練実施者(法第十条の四第二項 に規定する指定教育訓練実施者をいう。以下同じ。)に通知するものとする。
    一 教育訓練施設の名称
    二 教育訓練講座名
    三 訓練の実施方法
    四 訓練期間
    五 入学料(受講の開始に際し納付する料金をいう。第百一条の二の四及び第百二十五条において同じ。)及び受講料(当該教育訓練の期間が一年を超えるときは、当該一年を超える部分に係る受講料を除く。第百一条の二の四において同じ。)の額
    六 指定番号
    七 その他必要と認められる事項
  2. 厚生労働大臣は、法第六十条の二第一項 の規定による指定を受けている教育訓練について、前項各号に掲げる事項を記載した帳簿を作成し、当該帳簿を公共職業安定所において閲覧に供するものとする。

解説[編集]

  • 法第60条の2(教育訓練給付金)

参照条文[編集]

このページ「雇用保険法施行規則第101条の2の2」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。