雇用保険法第12条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

雇用保険法)(

条文[編集]

(公課の禁止)

第12条  
租税その他の公課は、失業等給付として支給を受けた金銭を標準として課することができない。

解説[編集]

参照条文[編集]

このページ「雇用保険法第12条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。