音の長さ

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

音楽に使う音は、壊れたブザーのように、四六時中鳴り続けるようなものではありません。いずれかの時点で鳴り始め、いずれかの時点で鳴り終わります。 この「時点」というのは、曲の始まりからどれくらい時間が経ったか、なのですが、現在の楽譜では、音を順に並べてゆくことでそれを示すようになっています。ですから、それぞれの音の長さを示せば、ある音をどの時点からどの時点までならすべきかがわかるのです。

音楽では、音の長さは、で表されるわけではありません。で表します。

楽譜では、それぞれの音が拍の何倍か、また、何分の1かを、音符の形で表します。

目次[編集]

  1. 音価
  2. 拍子
  3. リズム
  4. テンポ