高等学校古文/漢詩/春暁

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource
ウィキソース春暁があります。

白文 訓読文[編集]

春暁 孟浩然


春眠不覺曉 春眠暁を覚えず、

處處聞啼鳥 処処啼鳥を聞く、(「処処、鳥啼くを聞く」とも)

夜来風雨聲 夜来風雨の声、

花落知多少 花落つること知りぬ多少ぞ。(「花落つること知る多少ぞ」とも)

現代語訳[編集]

  • 春の眠りは(心地が良くて)なかなか起きられない。
    近代に到るまで、人は夜明けとともに目覚め、日が暮れれば時をおかず眠るのがごく一般的な生活であり、暁(夜明け)に気付かないのは寝過ごしたという印象であった。
  • (目覚めてみると、もう)鳥がいろいろな所で啼いている。
  • そういえば、昨夜は風雨が強かったようだ。
  • 花はどれほど落ちてしまったことであろう(きっと多いだろう)。

鑑賞[編集]

盛唐期の詩人孟浩然五言絶句


このページ「高等学校古文/漢詩/春暁」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。

押韻[編集]

  • 曉・鳥・少