高等学校古文/漢詩

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

漢詩とは[編集]

漢詩の歴史[編集]

漢詩の形式[編集]

古体詩[編集]

律詩と絶句[編集]

作品[編集]

詩経[編集]

楚辞[編集]

漢・六朝[編集]

唐代詩人[編集]

唐代以降[編集]

日本漢詩[編集]

発展内容―日本文学への影響[編集]

王維と阿倍仲麻呂[編集]

白楽天[編集]

白楽天の作品は早くから日本に入ってきて瞬く間に平安貴族の間に広がった。藤原公任が編集した日中漢詩の秀句・和歌集である『和漢朗詠集』は圧倒的に白楽天のものが多く引用されていることにもそれは示されている。ここでは、白楽天の影響を受けた作品や彼の作品を利用したものを見てみよう。

大鏡』には菅原道真が大宰府に左遷されたときの作品『不出門』の頷聯がんれん(三・四句目)は白楽天の『香炉峰下、新卜山居、草堂初成、偶題東壁』の頷聯を踏まえていると述べられている。

清少納言は『枕草子』にて白楽天の作品集『白氏文集』に即した話題を二つ示している。ここでそれらを見てみよう。

文は文集。文選。博士の申文。(一九七段)
雪のいと高う降りたるを、例ならず御格子まゐりて、炭櫃に火おこして、物語などして集りさぶらふに「少納言よ、香炉峰の雪いかならむ」とおほせらるれば、御格子上げさせて御簾を高く上げたれば、笑はせたまふ。人々も「さることは知り、歌などにさへ歌へど、思ひこそよらざりつれ。なほ、此の宮の人には、さべきなめり。」といふ。(二九九段)