高等学校日本史B/平安初期

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平安時代[編集]

平安京の羅城門(らじょうもん)の復元模型(京都文化博物館)

かつての天平文化の仏教保護の政策などにより、仏教の僧や寺院の影響力が強くなる。

のちの天皇や朝廷は、これらの仏教勢力を嫌がり、そのため、光仁天皇のあとをついだ桓武天皇(かんむ てんのう)により、寺院の多い現在でいう奈良県から京都府へと都をうつす。まず784年に都を山背国(やましろこく)の長岡京に移した。

しかし、新都造営(しんとぞうえい)の中心人物であった藤原種継(ふじわらのたねつぐ)が暗殺されたり、政情不安が続いたので、794年に都を平安京に移した。

政治[編集]

桓武天皇は、国司に対する監督をきびしくするため、勘解由使(かげゆし)という役人を置きました。

※ 『高等学校国語総合/土佐日記#門出(かどで)』に出てくる「解由」(げゆ)とは、このカゲユシ関連の書類である。著者の紀貫之(きの つらゆき)は、国司として、取り締まりされる側の立場。くわしくはリンク先で。

勘解由使に、国司の交代の際には、前任の国司に不正がなかったことを証明するための解由状(げゆじょう)を審査させた。


※ 中学校で習った『中学校社会 歴史/平安時代』も参照せよ。


桓武天皇の政策として、辺境の他では徴兵をやめ、辺境の他では従来の軍団を廃止して、あらたに郡司の子弟で弓馬にたくみな者からなる健児(こんでい)を設けた。

また、このころ、都の造営と、蝦夷との戦いからなる二大事業が、国家財政や民衆の負担だった。

貴族間で、この事業の存続をめぐる論争が起き、桓武天皇はこの二大事業を中止した。

桓武天皇は、二大事業の存続の件で、管野真道(すがのまみち)と藤原緒嗣(ふじわらおつぐ)という2人の参議に論争させた(徳政論争)。(菅野が存続派。藤原が打ち切り派。)


桓武天皇の死後、平城天皇(へいぜいてんのう)、つづいて809年に嵯峨天皇(さがてんのう)になった。

※ 社会の変化により、従来の家柄や血筋による人事制度がうまく機能しなくなったため、嵯峨天皇らは、従来の官職を残しつつも、新たに、家柄にとらわれない新設の官職も設置して活用した。

嵯峨天皇(さがてんのう)のとき、薬子の変(くすこのへん)が起きた。しかし、薬子の変は失敗に終わった。


薬子の変とは、810年に藤原薬子(ふじわらの くすこ)とその兄 藤原仲成(ふじわらの なかなり)が、平城太上天皇(平城上皇)をふたたび天皇の地位につけようとして失敗した事件。「平城太上天皇の変」ともいう。

(※ 範囲外: ) 薬子(くすこ)とは、平城太上天皇の愛人の名前。かつての学説では、薬子が事件の首謀者に近いと思われていたが、歴史研究では、単に上皇の罪を薬子が なすりつけられただけとかの別の可能性が否定できず、現代の学校教科書では この事件の呼び名で「平城太上天皇の変」という呼び名も西暦2003年ごろから増えてきた。とはいえ、では平城上皇が首謀者かというと、その証拠もとぼしく、真相は不明である。歴史的な事実としては、最終的に薬子は自殺したとされている。

嵯峨天皇は、あらかじめ蔵人所(くらうどのところ)を設置し、機密をあつかった。 蔵人所の長官を蔵人頭(くらうどのとう)という。蔵人頭(くらうどのかみ)には、藤原冬嗣(ふじわら ふゆつぐ)らが任命された。

また、京都の治安維持・警察をつかさどるために検非違使(けびいし)を置いた。


これら新設の官職は令(りょう)には規定がないので、令外官(りょうのげかん)と呼ばれた。

検非違使も、令の規定によらずに犯罪人の取り締まりができた。(※ 東京書籍の見解)

また、これら令外官では、家柄にとらわれずに有能な人材を登用できた。(※ 東京書籍の見解)


※ (東京書籍や明成社が言うには、)令外官はべつに嵯峨天皇が始めたのでなくって、702年の「参議」や、705年の「中納言」も、令外官である。ただ、令外官が重要な要職になったのが、嵯峨天皇の頃からである。

また、嵯峨天皇は、律令を補足した(きゃく)と、官庁で施行する際の細則である(しき)とを整備した。

嵯峨天皇のもとで、820年ごろ、光仁格式(こうにん〜)が出来た。


のちの天皇のもとで、「貞観格式」(じょうがん〜)・「延喜格式」(えんぎ〜)が出きた。これら3つ(光仁格式、貞観格式、延喜格式)をあわせて三代格式という。

(823年に嵯峨天皇は、つぎの天皇に皇位をゆずって退位する。)

(833年には、)令(りょう)の条文の解釈を統一するための注釈書として『令義解』(りょうのぎげ)がつくられた。

(842年、嵯峨 元天皇が死没。)

平安初期の密教文化[編集]

唐で仏教を学んだ最澄(さいちょう)と空海(くうかい)が日本に帰国して、仏教の知識も日本に持ち帰る。

空海は、唐では、インドから中国に伝えられたばかりの真言密教(しんごん みっきょう)を学んでいた。

空海が日本で密教(みっきょう)を広めた。(いっぽう、最澄が広めたのは法華経(ほけきょう)。)

空海は、高野山(こうやさん)に金剛峰寺(こんごう ぶじ)を建て、密教にもとづく真言宗(しんごんしゅう)をつくった。

また、最澄は比叡山(ひえいざい)に延暦寺(えんりゃくじ)をひらき、天台宗(てんだいしゅう)をつくった。

天台宗・真言宗の寺院の多くは、山中に建てられた。

(空海の宗派の寺だけが山中にあるのではなく、最澄の宗派の寺も山中に建てられたことに、注意。)

天台宗も、しだいに密教の影響を受け、最澄の弟子の円仁(えんにん)・円珍(えんちん)が唐に留学して密教の知識を日本に持ち帰り、天台宗は密教化した。

真言宗の密教を東密(とうみつ)という。いっぽう天台宗の密教を台密(たいみつ)という。

また、従来の宗派でも山岳修行をしていたが、これらが天台・真言宗とむすびつき、修験道(しゅげんどう)が流行した。


密教の特徴として、加持(かじ)祈祷(きとう)など、呪法(じゅほう)的なお祈りで悟りが開けるとされる。

これらの特徴が、現世利益(げんぜりやく)を求める貴族に好まれた。また、密教は、経典よりも山岳修行などの修業を重んじる傾向がある。

なお、既存の仏教など、経典を重んずる宗派のことを、密教の用語で「顕教」(けんきょう)という。

いっぽう、奈良時代の後半から既に、日本古来の神々と仏教とをむすびつける神仏習合(しんぶつ しゅうごう)の考えがあった。

このため、神社の境内(けいだい)に神宮寺(じんぐうじ)を建てたり、神前(しんぜん)で読経(どきょう)する風習などがあったが、密教の普及とともに、これらの風習も普及した。


室生寺(むろうじ)

大和の室生寺(むろうじ)では、伽藍(がらん)も地形に応じて自由に配置された。

※ 伽藍とは、寺院の建物全体や、その構成のこと。

文芸では、漢詩・漢文が流行した。

勅撰漢詩文集の『凌雲集』(りょううんしゅう)、『文華秀麗集』(ぶんかしゅうれいしゅう)、『経国集』(けいこくしゅう)などが編纂(へんさん)された。

また、空海の漢詩文をあつめた『性霊集』(しょうりょうしゅう)もつくられた。


書道では、唐風の書が好まれ、嵯峨天皇・空海・橘逸勢(たちばなの はやなり)は三筆(さんぴつ)と呼ばれた。

有力な氏族たちは、一族から優れた官吏(かんり)を出すために、氏ごとの塾・予備校的な寮(りょう)の大学別曹(だいがくべっそう)を建てた。

また、空海は、大学や国学に入学できない庶民が仏教・儒教などを学べる綜芸種智院(しゅげいしゅちいん)を開いた。

大学別曹 和気(わけ)氏の弘文院(こうぶんいん)、藤原氏の勧学院(かんがくいん)、橘(たちばな)氏の学館院(がくかんいん)、在原(ありわら)氏の奨学院(しょうがくいん)、などがある。




  • 美術など
歓心寺 如意輪(にょいりん)観音像 (大阪・観心寺)

絵画では、密教の世界観をあらわす曼荼羅(まんだら)が描かれた。

彫刻では、一本の大木を彫って作る一本造(いっぽんづくり)が流行した。

また、不動明王(ふどう みょうおう)の絵画や彫刻がつくられた。