ICTプロフィシエンシー検定試験

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ICTプロフィシエンシー検定試験(アイ・シー・ティープロフィシエンシーけんていしけん)は、P検やパソコン検定ともいわれるエンドユーザー向けの検定試験である。2012年4月以前は、パソコン検定試験と呼ばれていた。

学習方法[編集]

  • パソコン検定のガイドブックで勉強する。
  • パソコンスクールなどで勉強する。

など

検定級[編集]

レベル タイピング文字数 受験方式 受験料
(2019年度、一般価格)
受験料
(2019年度、学割価格)
1 ビジネスイノベーションリーダー なし CBT 10,000
2 ICT活用スペシャリスト なし CBT 6,100 4,100
準2 ビジネスに要求されるICT活用スキルを有する人材 日本語:375文字以上
または英語:638文字以上
CBT 5,100 2,500
3 入社時に要求されるICT活用スキルを有する人材 日本語:300文字以上
または英語:510文字以上
CBT 5,100 2,000
4 ICTの基礎的な知識・技能を有する人材  日本語:225文字以上
または英語:383文字以上
CBT 3,000 1,500
5 パソコン入門者レベル なし P検ホームページ上 無料
  • 学割価格の対象は、高校生以下である。
  • 1級を受験するには、2級以上に合格している必要がある。

使用するソフトウエア[編集]

Microsoft Office

関連リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディアICTプロフィシエンシー検定試験の記事があります。
このページ「ICTプロフィシエンシー検定試験」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。