PHP/開発環境/インストール

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

PHPがサーバ側の技術であることから、利用者は、開発または学習のためにサーバ環境をセットアップする時間が必要となります。もちろんクライアント環境で開発をする場合はクライアント環境に開発環境を用意する必要があるでしょう。Java言語のようにサーバ側の環境設定がとても複雑であるのに比べ、PHPはかなりセットアップしやすいです。

インストールの手順はWebサーバの環境(OS)によって違ってきます。既に作られたPHPをインストールする方法から、ソース(オリジナルのプログラム)を入手して実行可能なPHPを作るまで、条件により様々です。

PHPと併せてデータベース(たいていはMySQL)も利用することが多く、バージョンの組み合わせによっては動作が違ってきます。

構成[編集]

必要になるパッケージは以下のものとなります。

  • Apache(アパッチ)がwebサーバーとして必要, またはメジャーな
  • PHP
  • MySQL(マイ エスキューエル)がデータベースとして必要, またはメジャーなデータベース
  • PHPとデータベースに接続するライブラリ

XAMPPは、これらをまとめたモノの事です。

「XAMPP」の2文字目「A」はApacheの頭文字Aのことです。
「XAMPP」の3文字目「M」はMySQLの頭文字Mのことです。
「XAMPP」の後ろ2文字の「P」は、PHPなどのことです。

なお、LAMPとは、これらにLinuxを加えたものの事です。サーバー設置は、OSの費用の節約などの理由により、Linuxを使うことが多くあります。

Linux[編集]

なお、下記の手順でインストールしなくても、XAMPPでインストールすれば、ほぼ同じ結果になります。

Linuxの種類によって、インストール時に使用するコマンドが違うので、下記のようなコマンドになります。

Redhat系[編集]

Fedora(フェドラ)とCentOS(セント オーエス)が、レッドハット系のOSです。

各ディストリビューションにおいて、必ずしも同じコマンドでもありませんが、基本的にyumでインストールできます。

yum install httpd
yum install php
yum install mysql
yum install php-mysql

なお、レッドハット系OSでいう「httpd」とはApache(アパッチ)のことです。

もしくは、まとめて、

yum -y install httpd mysql mysql-server php php-mysql php-pear*

のように書くこともできます。


なお、最近、Fedoraではyumコマンドが廃止され、dnfコマンドに変更されています。つまり、

dnf install httpd
dnf install php
dnf install mysql
dnf install php-mysql

のようになります。

Debian系[編集]

Ubuntu(ウブントゥー)とDebian(デビアン)が、Debian系のOSです。

apt-get install php5
apt-get install apache
apt-get install mysql-server  mysql-client php5-mysql

もしくは

apt-get install php5 apache mysql-server  mysql-client php5-mysql

Gentoo[編集]

emerge apache
emerge mysql
emerge mod_php