アブハズ語/名詞

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

属格・代名詞[編集]

アブハズ語では名詞の前に属格接頭辞(所有格接頭辞)を付ける事で所有を表す事ができます。

属格接頭辞
単数 複数
一人称 с(ы)- ҳ(а)-
二人称(男) у- шә(ы)-
二人称(女) б(ы)- шә(ы)-
三人称(男) и- р-
三人称(女) л(ы)- р-
三人称(非人間) а- р-

例えば、аб (お父さん)に一人称単数接頭辞с-をつけてсабにすると私のお父さん、二人称(男) 単数接頭辞у-をつけてуабにすると男性に対してあなたのお父さんという意味になります。
また、二人称複数接頭辞шә-は主に「あなたたち」という本来の意味はもちろんのこと、会議やネット上で質問を投げかける時に使われる形です。
()内のа/ыは第一音節にアクセントが来る時(即ち、属格接頭辞にアクセントが来る時)に挿入される母音です。

  • ахьӡ (その)名前 → сыхьӡ 私の名前
  • ахыза (その)ブランケット → схыза 私のブランケット

属格を強調したいときは、代名詞を前に持ってきます。

代名詞
単数 複数
一人称 сара ҳара
二人称(男) уара шәара
二人称(女) бара шәара
三人称(男) иара дара
三人称(女) лара дара

例えば、「私の父」ならば、сара саб, 「彼女のブランケット」ならば、лара лхызаというふうに表現します。

標識(マーカー)[編集]

日本語もそうですが、名詞の後に~が、~を、~へという接尾辞(日本語では助詞)をつける事で文法的機能を追加することができます。そのような接尾辞を標識、あるいはマーカーと呼びます。
名詞・形容詞につくことはもちろん、動詞にマーカーがつくこともあり、その場合は名詞として扱う事ができます。ここではいくつかマーカーを紹介します。

  • (名詞)-ла ~で ~と
    • Сара а-телескоп-ла а-еҵәа-қәа з-бе-ит. 私 (定冠詞)-望遠鏡-で (定冠詞)-星-(非人間/複数形) 私-見る-(過去動作終止)
      • 私は星を望遠鏡で見た。
  • (名詞)-с ~として
    • Иара рҵа-ҩы-с ды-ҟа-уп 彼 教える-人-として 彼-いる-(現在状態終止)
      • 彼は教師です
  • (名詞)-и (名詞)-и ~と~
    • Сара Аҧсуа бызшәеи Абаза бызшәеи аҵара саҿуп.
      • 私はアブハズ語とアバザ語を学んでいます。
  • (形容詞)-ны 形容詞を副詞にする接尾辞
    • а-бзиа (良い/形容詞) ⇔ бзианы(良く/副詞)
  • (動詞)-га ~する物
    • а-рҵа-га (定冠詞)-教える-物
      • 教科書
  • (動詞)-ҩы ~する人
    • а-рҵа-ҩы (定冠詞)-教える-人
      • 教師
  • (場所)-н ~にて ~上で
    • сы-ҩ-ит амҩа-н 私-走る-過去動作終止 道-で ※
      • 私は道の上を走った
  • (場所)-ҟны ~にて ~で
  • (場所)-аҿы ~中で
    • Бзиала шәаабеит Авикипедиаҿы! ようこそウィキペディアの中へ!
  • (名詞)-(у)аа ~人 (名詞は地名とは限らない)
    • Аҧсуаа アブハズ人 Аиапонуаа 日本人
  • (名詞)-ар 不特定多数の集合 (植物を除く)
    • Ажәа 単語 Ажә-ар 不特定多数の単語の集合→辞書 Ажәарқәа 複数の辞書
    • Акәҷышь 鶏 Акәҷар鶏の群れ Акәҷарқәа複数の鶏の群れ
      • 単語内にыが存在する場合はы以降を接尾辞に置換する
  • (名詞/植物限定)-ра 不特定多数の集合 (-ҵла形除く)
    • Аҧсаモミ Аҧсараモミ植林
  • (名詞/-ҵла(~の木)がついた名詞限定)-рҭа 不特定多数の集合
    • Аҵәаりんご Аҵәаҵлаりんごの木 Аҵәарҭаりんご園
  • (人間)-раа 不特定多数の集合
    • Уаридараа ワリダとその仲間たち
  • (名詞)-цәа -қәа 複数形 →を参照

不特定多数の集合は群れの単位を一個二個と数えるため、複数形の形をとります。複数形の接尾辞は最後につけます。

※参考

  • аҩра сыҩуеит; сы-ҩ-уа-ит
    • 走る
  • аҩра зҩуеит; (и-)з-ҩ-уа-ит
    • 書く

連語[編集]

複数の単語をつなげて一つの単語として扱う事があります。

  • а-ҵәа(りんご) + а-ҵла(木) = а-ҵәаҵла りんごの木
  • аиҕь(より良い/形容詞 比較級) + а-ха-ра(動く/動詞) = а-иҕьха-ра より良い方へ動く →改善する

非動詞文[編集]

日本語では「~です。」で終わる文、英語ではbe動詞を用いた文の表現を、アブハズ語ではどう言うかについて説明します。

絶対格[編集]

アブハズ語には絶対格・能格・射格・属格の4つの格があります。
状態動詞、名前、形容詞の主語に対しては絶対格をとります。

絶対格接頭辞
単数 複数
一人称 с(ы)- ҳ(а)-
二人称(男) у- шә(ы)-
二人称(女) б(ы)- шә(ы)-
三人称(人間) д(ы)- р(ы)-
三人称(非人間) (и)- р(ы)-

先に出た属格では主に先のような所有格(私のりんご:с-ҵәа)や属性(私の父:с-аб)などを示す格として用いられます。絶対格は自動詞ならば主語、他動詞ならば目的格をとります。(これについては動詞の項目で詳しく扱います)
三人称非人間のи-は通常、そのи-が指している主語または目的格が直前に来ている場合は省略します。しかし、第一音節にアクセントが来る場合は挿入母音"ы-"のみを挿入します。

  • Аҵәа ыҟоуп. りんごがある。
  • Уажәы асааҭ ааба ыҟоуп. 今8時です。
  • Сара исыхьӡуп Алхас. 私の名前はアルハスです。
    • и(絶対格 指しているのはАлхас)-сы(属格)-хьӡ(名前)-уп(現在終止時制)
  • Сара Алхас сыхьӡуп. 私の名前はアルハスです。
    • 0("名前"が指しているАлхасが直前に来ているので省略)-сы(属格)-хьӡ(名前)-уп(現在終止時制)
  • Ибзиоуп даара. (それは)とても良い。
    • 述語(良い)が何を指しているか一文中で語られていない時(かつ人間を指していない時)は必ず絶対格и-がつく。

時制[編集]

アブハズ語は一般的に動詞の時は時制の種類が多くありますが、名詞・形容詞(それと一応状態動詞)の時は現在時制と過去時制のみが存在します。未来時制を作りたい場合は動詞の語幹に-заа-を挿入し、動作動詞の現在形時制を付けた形で表します。詳しくは動詞の項目を参照ください。
終止形は文の最後に来る形です。非終止形はそのあとにまだ文が続く形です。

状態時制
肯定 否定
現在終止 -уп
過去終止 -мызт
現在非終止
過去非終止 -мыз
未来終止 -заауеит -заауам
未来非終止 -заауа -м-(動詞語幹)-заауа


[編集]

  • Сара сырҵаҩуп. 私は講師です。 а-рҵаҩы:講師
    • Сы(絶対格)-рҵаҩы-уп.
  • Саб Дырҵаҩын. 私の父はは講師でした。
    • С-аб ды(絶対格)-рҵаҩы-н.
      • -ҩыのыが消える理由は異音化参照
  • Лара дырҵаҩыз, аха уажәы ашәа давторуп. 彼女は講師でしたが、しかし今は作詞家(ашәа(歌) автор(著者/ロシア語))です。
    • Лара (代名詞/彼女) ды-рҵаҩы-з, аха(しかし) уажәы(今) ашәа д(絶対格)-автор-уп.
  • Сан д-леиҧҳауп. 私のお母さんのレイバ(леиҧҳа=леиба)です。
    • С(属格)-ан д(絶対格)-леиҧҳа-уп.
      • 習慣として、人名が-ҧҳаで終わる時は異音化しません。ちなみにҧҳаは娘という意味で、女性の名前に必ずつきます。 (а-ҧҳа:娘)
  • Ари аҵәа бзиоуп даара. このりんごはとても良いです。
    • Ари аҵәа(りんご) (и-)бзиа(良い)-уп даара(とても).
      • 形容詞は後置です。даараはбзиаにかかる修飾語なので後に来ています。また、三人称非人間の直接目的格и-は省略できます。

繋辞[編集]

アブハズ語にはコピュラに相当するものとして、以下のような表現が存在します。

コピュラ
単数 複数
一人称 соуп ҳоуп
二人称(男) уоуп шәоуп
二人称(女) боуп шәоуп
三人称(男) иоуп роуп
三人称(女) лоуп роуп
三人称(非人間) ауп роуп

例文[編集]

  • Ари Алхас иоуп. こちらはアルハスです。
    • Ари(代名詞) Алхас и-а-уп
  • Уи сашьа Алхас иоуп. それは私の兄弟のアルハスです。
    • Уи(代名詞) с(属格)-ашьа Алхас и-а-уп.
  • Ани сара сыҩны ауп. あれは私の家です。 (家:а-ҩны)
    • Ани (代名詞) сара сы(属格)-ҩны а-а-уп.

モノを指す代名詞[編集]

モノを指す代名詞としては主にこの3つが使われますが、これらは人を指す事もあります。

  • а(б)ри これ / а(ба)рҭ これら
    • 視界に存在して近くにあるものや人を指す。
  • а(б)ни あれ / а(ба)нҭ あれら
    • 視界に存在して遠くにあるものや人を指す。
  • у(бр)и それ・あれ / у(ба)рҭ それら・あれら
    • 視界に存在しないものや人を指す。