ガリア戦記 第1巻/注解/54節

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
C・IVLII・CAESARIS・COMMENTARIORVM・BELLI・GALLICI
LIBER・PRIMVS


  ガリア戦記 注解編     第1巻  

 53節 | 54節 | 2巻1節  

原文テキスト[編集]

[1] 54.    1Hoc proelio trans Rhenum nuntiato, Suebi qui ad ripas Rheni venerant domum reverti coeperunt;    quos Ubii qui proximi Rhenum incolunt perterritos [senserunt], insecuti magnum ex eis numerum occiderunt.    2Caesar, una aestate duobus maximis bellis confectis, maturius paulo quam tempus anni postulabat in hiberna in Sequanos exercitum deduxit;    3hibernis Labienum praeposuit;    ipse in citeriorem Galliam ad conventus agendos profectus est.


テキスト引用についての注記
  • ①項
    • [senserunt] : 写本にある記述だが、Rhenanus によって削除提案されている。

整形テキスト[編集]

[2] LIIII.    Hōc proeliō trāns Rhēnum nūntiātō   Suēbī, quī ad rīpās Rhēnī vēnerant, domum revertī coepērunt;    quōs ubi, quī proximī Rhēnum incolunt, perterritōs sēnsērunt, īnsecūtī magnum ex hīs numerum occīdērunt.   Caesar   ūnā aestāte duōbus māximīs bellīs cōnfectīs   mātūrius paulō, quam tempus annī postulābat, in hīberna in Sēquanōs exercitum dēdūxit.    Hībernīs Labiēnum praeposuit,    ipse in citeriōrem Galliam ad conventūs agendōs profectus est.

注記
  • ①項
    • ubi : 主要写本ω の記述で、Constans, Klotz, Seel, Hering らは、こちらを支持する。
      Ubiī : Rhenanus による修正で、Pontet らは、こちらを支持する。
    • hīs : 主要写本ω の記述で、Constans, Klotz, Seel, Hering らは、こちらを支持する。
      iīs : Frigell による修正で、Pontet らは、こちらを支持する。

注解[編集]

1項[編集]

語釈




脚注[編集]

  1. ^ 原文テキストについてはガリア戦記/注解編#原文テキストを参照。
  2. ^ 整形テキストについてはガリア戦記/注解編#凡例を参照。

解説[編集]

関連項目[編集]

関連記事[編集]

外部リンク[編集]