シュメール語/文法入門

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

シュメール語文法入門[編集]

このレッスンではシュメール語の文法について(かなうかぎり)一口サイズで紹介しています。もしおかしな点を見つけたら、お気軽に構成の編集やトークページでの提案を行ってください。それがWikiの精神というものですから。

レッスン[編集]

A ziggurat

レッスン1 - 複数形 このレッスンではいくつかの簡単な名詞と複数形の作り方について紹介します。

レッスン2 - 所有接辞 名詞に接尾辞をつけることで「家」を「私の家」とするような方法を学びます。

レッスン3 - 属格 シュメール語の格の内、名詞どうしの関係を示す属格について紹介します。

レッスン4 - コピュラ 一般動詞を紹介する前に、コピュラを使った簡単な叙述文について見ていきます。

レッスン5 - 動詞の鎖 シュメール語の動詞の単純な事例について学びます。

レッスン6 - シュメール語の文 上記の全てをふまえて、完全なシュメール語の文に翻訳します。

レッスン7 - 能格性 能格性を紹介し、シュメール語における働きについて見ていきます。

レッスン8 - 格体系 シュメール語の格体系について論じます。

レッスン9 - 楔形文字 古代のシュメール人が使った書字体系について紹介します。

上へ (シュメール語 メインページ)