トーク:高等学校美術I

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

wiki だから気に入らないところがあったら自分で修正せよという主張はもっともなんだけど,あまりにも大量に書かれて突っ込みどころ満載の場合はもう手の打ちようがない。

それにそれぞれの人はそれぞれ自分の書きたいことがあるから,査読や修正に手間のかかりすぎるものは,ちょっと対応不可能だよ。

ここは共同作業と言ってもあまりにも大きい広い共同作業だから,十全な十分に満足なものを作り上げるのは事実上不可能だと思う。

そこで,この教科書の著者には以下の3つを要望する。

1. この絵は上手い,この絵は下手と,決めつけて断定的に書くな。

2. こいつは偉い,こいつは馬鹿と決めつけて断定的に書くな。

3. こうしろ,こうするなと決めつけて断定的に書くな。 -- Honooo (トーク) 2020年2月25日 (火) 20:24 (UTC)

2020年3月19日 (木) 01:24‎ 以降の更新について[編集]

>すじにくへ。 あんたの言いたいことは大体わかったけど,表現,文章,説明の仕方としては,今一不快で気持ち悪いから,描き直すよ。ただどうだろうね。ある教育者(誰だか,名前は忘れた)のこういう言葉があるよ。

「考えた事を教えるのではなく,考える事を教えろ」

私はこの言葉に全面的に賛成している訳ではないけど,あんたの場合は少なくとも,完全に考えた事を教えているよね。しかも自分の考えた結論以外は全否定で,自分の考えを押し付けて,読者を奴隷化しているよね。

はっきり言ってあんたには教科書を書く資格はないよ。あんたのやりたいことは,ツイッターや2(今は5?)ちゃんねるでやれよ。そこではあんたと同レベルのお仲間たちが,楽しみの絶頂で活動しているよ。 -- Honooo (トーク) 2020年3月19日 (木) 11:02 (UTC)

2020年5月3日 (日) 01:54‎ 以降の更新について。[編集]

うーん困ったな…。今はちょっとやることがあるので,詳細に文章を読んで考えて検討できないので,私の考えの概要だけ書いておきますが,すじにくサンの記述を書き直す意義はありますよ。個人的な主張ではあるんですが,駄目な例を強調して否定することには何の意味もありませんよ。駄目な例,否定されているものの中から,新しいもの,意義のあるものが生まれてくるのはよくある事です。それにここの記述ではまず,「直線を引いて一点透視や二点透視を近似的に描く透視図法」とはどんなものかを説明するべきでしょう。なんかあらゆることがあいまいなまま,駄目な例を晒しているだけに見えますよ。--Honooo (トーク) 2020年5月3日 (日) 02:39 (UTC)

それにあなたは,駄目な例を知らずに生きていって,すじにく氏を筆頭とする美術熟練者達に指さして嘲笑われるのがそんなに嫌ですか?美術や芸術を穏やかに愛していて,接して生きている人なら,高々奥行きが長い立方体程度を,見下して否定することはありませんよ。どちらにしろこの記述は,有害な混ざり物が含まれてるので,採用しない方がいいと思います。--Honooo (トーク) 2020年5月3日 (日) 03:36 (UTC)

ダメな例を挙げるということは、この教科書の読者が間違って理解しないために大切なことだと考えます。透視図法におけるすじにくシチュー氏の投稿は(ほかの有害な投稿と比べたら)良い方で、取り消しをするには当たらないかなと思ったりもします。ですから、取り消しではなく、「修正」だけで済んだと思います。--14.193.167.87 2020年5月3日 (日) 03:58 (UTC) (トーク投稿履歴グローバル利用者情報全履歴) 2020年5月3日 (日) 04:04 (UTC)(ログインし直し)
彼は問題のある有害な投稿を行っていますが、比較的有益な投稿も行っていると思いますそれが、彼が無期限ブロックされない一因でもあるが。今回の透視図法の投稿に関しては取り消すほどのものではないと思いました。-- (トーク投稿履歴グローバル利用者情報全履歴) 2020年5月3日 (日) 04:04 (UTC)
うーん取り消したのではなく,一応修正,書き直しなんだけど…。要するにあなたはこのすじにく氏の奥行きの長い消失点のあるキューブは書くなって記述が有益だと思う訳ですね…。うーんどうしようかなー…。どうしようかもうちょっと考えてみます…。--Honooo (トーク) 2020年5月3日 (日) 04:17 (UTC)
うーん。ダメな例を挙げるということは、この教科書の読者が間違って理解しないために大切なことだと考えているので、良いことだとは思っているんですが...テンプレート:個人の意見を張り付ける程度でよいと思います。-- (トーク投稿履歴グローバル利用者情報全履歴) 2020年5月3日 (日) 04:26 (UTC)
思うにすじにく氏のこの記述は,非常に大きな問題を持っていて,採用しないのが正解というのが私の直感的,かつ論理的意見ですが,なぜそうでどこがそうなのかをわかりやすく説明するのは難しいですね…。どちらにしろ私自身はこの記述をこのまま放置しておくことは耐えがたい苦痛なので,ちょっともう少し丁寧に,原典を尊重したうえで描き直してみます。画像も,クリエイティブコモンズ関係の扱いを踏襲しながら変更したいですね。ただ時間をかけて,少しずつ,完成は割と先になりますよ。そして完成しても,令和さんの意に染まないものになるかもしれません…。まあその時はその時で,どうするかまた考えましょう。--Honooo (トーク) 2020年5月3日 (日) 05:26 (UTC)
「出典を用いて、正確に書く」といった点では、Honoooさんの編集が正しかったかもしれません。確かに彼の記述は採用しない方が無難かもしれません。-- (トーク投稿履歴グローバル利用者情報全履歴) 2020年5月3日 (日) 06:24 (UTC)
彼の断定的な記述も宜しくなかったかもしれません。-- (トーク投稿履歴グローバル利用者情報全履歴) 2020年5月3日 (日) 06:29 (UTC)
私、去年の6月ごろに記述の大幅修正や削除を行ったのですが、透視図法の記述は、よっぽどましなんですよね...-- (トーク投稿履歴グローバル利用者情報全履歴) 2020年5月3日 (日) 06:32 (UTC)

項目,望遠パース推進と広角パース否定[編集]

今絵を描きながらつらつら考えて思ったんだけど…,結局すじにく氏の,「消失点が画面の中にある場合は奥行きを圧縮せよ,奥行きを広く取るなら消失点は画面の外にせよ」って議論理屈って,広角パースの絵を描くことを禁止するために作ったような理屈だよな…。まあ今この文章を眺めていると妥当な主張にも思えるけど,効果的な絵を描くために発想を広げてあれこれ試すためには,邪魔な規則だよ。広角パースで画面の端の方では,結構奥行きは大きく取れるよ。型にはまった絵だけを描いて生きていきたいなら,この手の命題化したルールをいっぱい収集すればいいんだろうね…。まあこの項目自体は,もう書き換える気はないけど…。--Honooo (トーク) 2020年5月15日 (金) 22:28 (UTC)

しかし今この命題を見直してみると,当たり前すぎるほど当たり前の真実だよね…。すじにく氏の文章で記述されると,なぜ拒絶心しか湧かなくなるんだろう…。--Honooo (トーク) 2020年5月15日 (金) 22:42 (UTC)