利用者・トーク:Honooo

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウィキブックスにようこそ![編集]

こんにちは、Honoooさん、はじめまして! ウィキブックスの参加者の一人、Vigorous actionTalk/History)と申します。ウィキブックスへようこそ!

  • お隣の利用者ページは、ご自身の自己紹介の他、作業用のスペースなどとして利用することができます。
  • 執筆の際には中立的な観点および著作権にご留意ください。
  • 何か疑問点がありましたらWikibooks:談話室で質問することができます。また、教科書の内容に関するご質問がありましたらヘルプデスクへお越しください。

あなたが実り多き活動をされることを楽しみにしております。

Welcome to Japanese Wikibooks. Thank you for your contributions! If you don't prefer to use Japanese, and when looking for further information, feel free to visit Wikibooks:談話室. Enjoy!

なお、このメッセージは主に利用者‐会話ページに何も記入されていない方に投稿しております。Honoooさんが、すでに活動を開始されてから期間が経っていらっしゃるのでしたら、ご存知のことばかりをご案内したかもしれません。不明をお詫び申し上げます。--Vigorous actionTalk/History) 2014年1月4日 (土) 22:46 (UTC)

こんばんは Vigorousさん。コメントをいただいてからもう五年もたってしまいましたが、いまさらながら返信いたします(^^)。大体私は昔のパソコン通信時代から、コメントやメールに対する返信、その時期やタイミング、内容、するかしないかで、不手際が多いようで、よく顰蹙を浴びていました…。結局未だにうまく出来ていないことが多いんですよね(^^;;;)。最近はウィキバーシティで少しだけ、書いています。結局ここが自由にかけて、一番いいかなーって感じですね。内容的にはおそらく、独自研究に近いものだと思いますが、特に消されることもないようなので、かろうじて許容されているようです。それではそろそろ寝ます。おやすみなさい(^^)/ --Honooo (トーク) 2019年3月8日 (金) 14:25 (UTC)

「モノ」と「物」と「もの」の微妙な違い[編集]

こんばんは。令和少年です。要約欄で、「モノ」という表記が嫌いとおっしゃっていましたが、厳密な使い分け方があります。
物→物体。目に見えて形のある物体。
もの→抽象的な事柄として使用する形式名詞。抽象的な物体を指す。例えば、「冷たいものが飲みたい」など。
モノ→もとの漢字の意味から外れ、比喩的に使用する場合に用いる。比喩化した物体。例えば、「モノを売って儲ける」など。
参考までに。-- (トーク投稿履歴グローバル利用者情報全履歴) 2020年5月3日 (日) 14:13 (UTC)

あっ,そうですか。今日はもう眠いのでこのまま寝て,明日以降よく読んでみますが,でも気になるのはこの使い分けの出典,ソースは何でしょうか…。誰の見解,主張ですかね…。--Honooo (トーク) 2020年5月3日 (日) 14:25 (UTC)
この使い分けは「ヒト」と「人」のような類で、[1]とか[2]あたりでしょうか。実生活でも何気なく使い分けませんか?「人間にとって大切な物」と書かれると違和感を覚えますよね。それに、カタカナにすることによってより抽象的比喩的に表現できます。例えば歴史漫画や、小学校の教科書では、弥生時代の発展を、「ムラからクニへ」と称しています。それは、当時のムラやクニが現在の意味合いとは違い多少比喩的になるからではと考えられます。-- (トーク投稿履歴グローバル利用者情報全履歴) 2020年5月3日 (日) 15:31 (UTC)
物ものモノは字づらが違う以上は書き分けますよね…。ただ,明文的な定義や使い分けよりは,その文章を書く時の文脈や書き手の心理の影響が大きそうですね。「人間にとって大切な物」って実はそんな違和感感じないんですよ…。ただ今はちょっと今日中その次の日の朝までに仕上げなければいけないことがあって,それが気になって頭が明晰ではないのでそう思うのかもしれません。いずれにせよその用事が終わってもう少し余裕ができたら,この使い分けについて考えてみます。--Honooo (トーク) 2020年5月3日 (日) 16:23 (UTC)
あ,そうか。紹介して頂いたサイトはあまりにも一般的なサイトな上ちょっと長いので,令和さんの文章だけ読みましたが,成程,妥当な分類ですねー。形式名詞ってあるんですね,勉強になりました(^^)。ただ私自身はもうちょっと,感覚的,感情的な分類をしていますねー…。こういう感じなんですが…↓
物→一般的,普遍的な意味で物を示す言葉。つまり…物の事ですね^^。
もの→同じ概念を示していても柔らかい印象を受けます。自分自身は,読み手に柔らかい印象を与えるために使います。
モノ→ネガティブなイメージがある。自分ではほとんど,出来れば全く,使わない。おそらく書き手の何らかの念がこもっている,何か特定の事象,概念を強調したいときに使うんだと思うけど…。--Honooo (トーク) 2020年5月4日 (月) 00:53 (UTC)
(横から失礼)横から失礼いたします。今回の場合、当該部分の執筆者の独特の「話し言葉」として、使用されているように見えます。その編集者は「ワタシ」など、ブログのような口調を使用します。それらの一環として考えても問題はないと考えます。なお、私はこれらに違和感を覚えます。--峰浦景勝(会話)2020年5月4日 (月) 04:55 (UTC)
そうですね。ただ,この場で直接の主題ではないのに特定人物に対する噂話をすることは控えたいと思いますが,そういえば昔私が若いころある職場で割と好意を寄せてる年配の方がいて,その方は書き言葉や文章で,片仮名を多用していましたね…。年取った人ってそんな感じかなーなんて思っていましたが…。--Honooo (トーク) 2020年5月4日 (月) 05:36 (UTC)
某氏の書き方は、別として、Honoooさんが、要約欄に「カタカナの『モノ』が嫌い」と書いていらっしゃいましたのでちょっと連絡させていただきました。-- (トーク投稿履歴グローバル利用者情報全履歴) 2020年5月4日 (月) 11:33 (UTC)