ブルガリア王国(近代)

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ブルガリア王国は1908年から1946年まで存在した国家。1908年に大ブルガリア公国の大公フェルディナンド1世がツァール(皇帝、国王)を名乗り誕生した国家。

歴史[編集]

ブルガリア公国の領域:1914年

前身の大ブルガリア公国は自治しかできなかった。そのため、オーストリア=ハンガリー帝国の助力をもとに完全に独立を宣言した。

1912年、対オスマン第一次バルカン戦争が起きると、参戦し、戦勝。しかし、そこでの戦後処理の不備により翌年の1913年の第二次バルカン戦争でマケドニアなどを失い、第一次世界大戦でも敗北。こうした混乱の中、ツァールのボリス3世は親政を開始した。

しかし、第二次世界大戦で枢軸側につき、枢軸側が劣勢になるとソ連軍に国土を蹂躙され、共産主義国家ブルガリア人民共和国となり、王制は終了した。

王家[編集]

王家はサクスコブルクゴツキ家、つまり源流をたどるとドイツのザクセン=コーブルク=ゴータ家である。

  1. フェルディナンド1世
  2. ボリス3世
  3. シメオン2世

関連リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディアブルガリア王国(近代)の記事があります。