マンション標準管理委託契約書第5条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタールマンション標準管理委託契約書)(

条文[編集]

(善管注意義務)

第5条
乙は、善良なる管理者の注意をもって管理事務を行うものとする。

コメント[編集]

本条は、管理委託契約が民法第656条の準委任契約の性格を有することを踏まえ、同法第644条の善管注意義務を契約書上も明文化したものである。本契約書の免責条項(第8条第10条第11条第13条第17条)の規定により、マンション管理業者が免責されるには、各規定に適合するほか本条の善管注意義務を果たしていることが必要である。

解説[編集]

  • 民法第656条(準委任)
  • 同法第644条(受任者の注意義務)
  • 第8条(緊急時の業務)
  • 第10条(管理費等滞納者に対する督促)
  • 第11条(有害行為の中止要求)
  • 第13条(専有部分等への立入り)
  • 第17条(免責事項)

参照条文[編集]

このページ「マンション標準管理委託契約書第5条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。