不動産登記事務取扱手続準則第128条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法不動産登記法コンメンタール不動産登記法コンメンタール不動産登記令コンメンタール不動産登記規則コンメンタール不動産登記事務取扱手続準則

条文[編集]

(還付通知)

第128条
  1. 税法第31条第1項の通知は,別記第93号様式による還付通知書及びその写しを作成してするものとする。
  2. 登記官は,前項の通知をした場合には,申請書若しくは登録免許税納付用紙又は取下書に別記第92号様式による印版を押印し,これに登記官印を押印するものとする。
  3. 登記官は,税法第31条第2項の請求により同条第1項の通知をした場合には,申請書及び還付通知請求書の余白に別記第92号様式による印版を押印し,これに登記官印を押印するものとする。

解説[編集]

w:不動産登記#還付を参照。

参照条文[編集]


前条:
不動産登記事務取扱手続準則第127条
(納付不足額の通知)
不動産登記事務取扱手続準則
第4章 登記手続
第4節 補則
第2款 登録免許税
次条:
不動産登記事務取扱手続準則第129条
(再使用証明)


このページ「不動産登記事務取扱手続準則第128条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。