人事訴訟法第14条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール人事訴訟法

条文[編集]

【人事訴訟における訴訟能力等】

第14条
  1. 人事に関する訴えの原告又は被告となるべき者が成年被後見人であるときは、その成年後見人は、成年被後見人のために訴え、又は訴えられることができる。ただし、その成年後見人が当該訴えに係る訴訟の相手方となるときは、この限りでない。
  2. 前項ただし書の場合には、成年後見監督人が、成年被後見人のために訴え、又は訴えられることができる。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
人事訴訟法第13条
(人事訴訟における訴訟能力等)
人事訴訟法
第1章 総則
第1節 通則
次条:
人事訴訟法第15条
(利害関係人の訴訟参加)


このページ「人事訴訟法第14条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。