会社法第12条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第1編 総則 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

w:支配人の競業の禁止)

第12条
  1. 支配人は、会社の許可を受けなければ、次に掲げる行為をしてはならない。
    一  自ら営業を行うこと。
    二  自己又は第三者のために会社の事業の部類に属する取引をすること。
    三  他の会社又は商人(会社を除く。第24条において同じ。)の使用人となること。
    四  他の会社のw:取締役w:執行役又は業務執行社員となること。
  2. 支配人が前項の規定に違反して同項第二号に掲げる行為をしたときは、当該行為によって支配人又は第三者が得た利益の額は、会社に生じた損害の額と推定する。

解説[編集]


前条:
会社法第11条
(支配人の代理権)
会社法
第1編 総則
第3章 会社の使用人等
第1節 会社の使用人
次条:
会社法第13条
(表見支配人)
このページ「会社法第12条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。