会社法第24条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第1編 総則 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

(商人との間での事業の譲渡又は譲受け)

第24条
  1. 会社が商人に対してその事業を譲渡した場合には、当該会社を商法第16条第1項 に規定する譲渡人とみなして、同法第17条から第18条の2までの規定を適用する。この場合において、同条第3項中「又は再生手続開始の決定」とあるのは、「、再生手続開始の決定又は更生手続開始の決定」とする。
  2. 会社が商人の営業を譲り受けた場合には、当該商人を譲渡会社とみなして、前三条の規定を適用する。この場合において、前条第3項中「、再生手続開始の決定又は更生手続開始の決定」とあるのは、「又は再生手続開始の決定」とする。

改正経緯[編集]

2018年改正により、第1項を以下のとおり改正。

  1. 第1項
    • (改正前)同法第17条及び第18条の規定を適用する。
    • (改正後)同法第17条から第18条の2までの規定を適用する。この場合において、同条第3項中「又は再生手続開始の決定」とあるのは、「、再生手続開始の決定又は更生手続開始の決定」とする。
  2. 第2項
    • (改正前)前二条の規定を適用する。
    • (改正後)前三条の規定を適用する。この場合において、前条第3項中「、再生手続開始の決定又は更生手続開始の決定」とあるのは、「又は再生手続開始の決定」とする。

解説[編集]

  1. 事業の譲渡人が会社で譲受人が会社でない商人である場合適用される法規
  2. 営業の譲渡人が会社で譲受人が会社でない商人である場合適用される法規
    • 第22条(譲渡会社の商号を使用した譲受会社の責任等)
    • 第23条(譲受会社による債務の引受け)
    • 第23条の2(詐害事業譲渡に係る譲受会社に対する債務の履行の請求)

関連条文[編集]


前条:
会社法第23条の2
(詐害事業譲渡に係る譲受会社に対する債務の履行の請求)
会社法
第1編 総則

第4章 事業の譲渡をした場合の競業の禁止等

第1節 会社の組織に関する訴え
次条:
会社法第25条
(総則)


このページ「会社法第24条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。