会社法第361条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第2編 株式会社第4章 機関

条文[編集]

w:取締役の報酬等)

第361条
  1. 取締役の報酬、賞与その他の職務執行の対価として株式会社から受ける財産上の利益(以下この章において「報酬等」という。)についての次に掲げる事項は、定款に当該事項を定めていないときは、株主総会の決議によって定める。
    一 報酬等のうち額が確定しているものについては、その額
    二 報酬等のうち額が確定していないものについては、その具体的な算定方法
    三 報酬等のうち金銭でないものについては、その具体的な内容
  2. 前項第二号又は第三号に掲げる事項を定め、又はこれを改定する議案を株主総会に提出した取締役は、当該株主総会において、当該事項を相当とする理由を説明しなければならない。

解説[編集]

  • 報酬等とは報酬、賞与、その他の職務執行の対価として株式会社から受ける財産上の利益をいう。
  • いわゆるお手盛り防止の規定である。

関連条文[編集]

判例[編集]


前条:
会社法第360条
(株主による取締役の行為の差止め)
会社法
第2編 株式会社
第4章 機関
第4節 取締役
次条:
会社法第362条
(取締役会の権限等)
このページ「会社法第361条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。