会社法第455条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第2編 株式会社 (コンメンタール会社法)第2編第5章 計算等 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

(金銭分配請求権の行使)

第455条
  1. 前条第4項第一号に規定する場合には、株式会社は、同号の期間の末日の二十日前までに、株主に対し、同号に掲げる事項を通知しなければならない。
  2. 株式会社は、金銭分配請求権を行使した株主に対し、当該株主が割当てを受けた配当財産に代えて、当該配当財産の価額に相当する金銭を支払わなければならない。この場合においては、次の各号に掲げる場合の区分に応じ、当該各号に定める額をもって当該配当財産の価額とする。
    一 当該配当財産が市場価格のある財産である場合 当該配当財産の市場価格として法務省令で定める方法により算定される額
    二 前号に掲げる場合以外の場合 株式会社の申立てにより裁判所が定める額

解説[編集]

関連条文[編集]


前条:
会社法第454条
(剰余金の配当に関する事項の決定)
会社法
第2編 株式会社
第5章 計算等
第4節 剰余金の配当
次条:
会社法第456条
(基準株式数を定めた場合の処理)
このページ「会社法第455条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。