会社法第473条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第2編 株式会社 (コンメンタール会社法)第8章 解散

条文[編集]

(株式会社の継続)

第473条
株式会社は、第471条第一号から第三号までに掲げる事由によって解散した場合(前条第1項の規定により解散したものとみなされた場合を含む。)には、次章の規定による清算が結了するまで(同項の規定により解散したものとみなされた場合にあっては、解散したものとみなされた後三年以内に限る。)、株主総会の決議によって、株式会社を継続することができる。


解説[編集]

株主総会の決議は、特別決議を要する。

  • 会社法第471条(解散の事由)
    一 定款で定めた存続期間の満了
    二 定款で定めた解散の事由の発生
    三 株主総会の決議
  • 会社法第472条(休眠会社のみなし解散)
  • 第2編第9章 清算

関連条文[編集]


前条:
会社法第472条
(休眠会社のみなし解散)
会社法
第2編 株式会社
第8章 解散
次条:
会社法第474条
(解散した株式会社の合併等の制限)


このページ「会社法第473条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。