会社法第499条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第2編 株式会社第9章 清算

条文[編集]

(債権者に対する公告等)

第499条
  1. 清算株式会社は、第475条各号に掲げる場合に該当することとなった後、遅滞なく、当該清算株式会社の債権者に対し、一定の期間内にその債権を申し出るべき旨を官報にw:公告し、かつ、知れている債権者には、各別にこれを催告しなければならない。ただし、当該期間は、二箇月を下ることができない。
  2. 前項の規定による公告には、当該債権者が当該期間内に申出をしないときは清算から除斥される旨を付記しなければならない。

解説[編集]

  • 会社法第475条(清算の開始原因)

関連条文[編集]


前条:
会社法第498条
(貸借対照表等の提出命令)
会社法
第2編 株式会社
第9章 清算
第1節 総則
第4款 債務の弁済等
次条:
会社法第500条
(債務の弁済の制限)
このページ「会社法第499条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。