会社法第667条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第3編 持分会社 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

(清算事務の終了等)

第667条
  1. 清算持分会社は、清算事務が終了したときは、遅滞なく、清算に係る計算をして、社員の承認を受けなければならない。
  2. 社員が一箇月以内に前項の計算について異議を述べなかったときは、社員は、当該計算の承認をしたものとみなす。ただし、清算人の職務の執行に不正の行為があったときは、この限りでない。

解説[編集]

関連条文[編集]


前条:
会社法第666条
(残余財産の分配の割合)
会社法
第3編 持分会社
第8章 清算
第6節 清算事務の終了等
次条:
会社法第668条
(財産の処分の方法)
このページ「会社法第667条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。