会社法第832条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第2編 株式会社 (コンメンタール会社法)第7編 雑則 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

(持分会社の設立の取消しの訴え)

第832条
次の各号に掲げる場合には、当該各号に定める者は、w:持分会社の成立の日から二年以内に、訴えをもって持分会社の設立の取消しを請求することができる。
一 社員がw:民法 その他の法律の規定により設立に係る意思表示を取り消すことができるとき 当該社員
二 社員がその債権者を害することを知って持分会社を設立したとき 当該債権者

解説[編集]

関連条文[編集]


前条:
会社法第831条
(株主総会等の決議の取消しの訴え)
会社法
第7編 雑則
第2章 訴訟
第1節 会社の組織に関する訴え
次条:
会社法第833条
(会社の解散の訴え)
このページ「会社法第832条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。