民法第424条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

詐害行為取消請求)

第424条
  1. 債権者は、債務者が債権者を害することを知ってした行為の取消しを裁判所に請求することができる。ただし、その行為によって利益を受けた者(以下この款において「受益者」という。)がその行為の時において債権者を害することを知らなかったときは、この限りでない。
  2. 前項の規定は、財産権を目的としない行為については、適用 しない。
  3. 債権者は、その債権が第一項に規定する行為の前の原因に基づいて生じたものである場合に限り、同項の規定による請求( 以下「詐害行為取消請求」という。)をすることができる。
  4. 債権者は、その債権が強制執行により実現することのできないものであるときは、詐害行為取消請求をすることができない 。

改正経緯[編集]

2017年改正前の条文は以下のとおり。

詐害行為取消権

  1. 債権者は、債務者が債権者を害することを知ってした法律行為取消し裁判所に請求することができる。ただし、その行為によって利益を受けた者又は転得者がその行為又は転得の時において債権者を害すべき事実を知らなかったときは、この限りでない。
  2. 前項の規定は、財産権を目的としない法律行為については、適用しない。

第1項関連 「この款において」

2017年改正で「第2款 債権者代位権及び詐害行為取消権」から本条が分割され「第3款 詐害行為取消権」となり、同款において、以下の条文が制定された。
  • 第1目 詐害行為取消権の要件
    • 第424条(詐害行為取消請求)
    • 第424条の2(相当の対価を得てした財産の処分行為の特則)
    • 第424条の3(特定の債権者に対する担保の供与等の特則)
    • 第424条の4(過大な代物弁済等の特則)
    • 第424条の5(転得者に対する詐害行為取消請求)
  • 第2目 詐害行為取消権の行使の方法等
  • 第3目 詐害行為取消権の行使の効果
    • 第425条(認容判決の効力が及ぶ者の範囲)
    • 第425条の2(債務者の受けた反対給付に関する受益者の権利)
    • 第425条の3(受益者の債権の回復)
    • 第425条の4(詐害行為取消請求を受けた転得者の権利)
  • 第4目 詐害行為取消権の期間の制限(第426条)
    • 第426条(詐害行為取消権の期間の制限)

解説[編集]

本条は、詐害行為取消権について定める。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第423条
(債権者代位権)
民法
第3編 債権

第1章 総則
第2節 債権の効力

第3款 詐害行為取消権
次条:
民法第424条の2
(相当の対価を得てした財産の処分行為の特則)


このページ「民法第424条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。