会社法第893条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第7編 雑則 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

(清算人の解任及び報酬等)

第893条
  1. 裁判所は、第524条第1項の規定により清算人を解任する場合には、当該清算人の陳述を聴かなければならない。
  2. 第524条第1項の規定による解任の裁判に対しては、即時抗告をすることができる。
  3. 前項の即時抗告は、執行停止の効力を有しない。
  4. 第526条第1項(同条第2項において準用する場合を含む。)の規定による決定に対しては、即時抗告をすることができる。

解説[編集]

関連条文[編集]


前条:
会社法第892条
(調査命令)
会社法
第7編 雑則
第3章 非訟
次条:
会社法第894条
(監督委員の解任及び報酬等)
このページ「会社法第893条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。