借地借家法第23条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール借地借家法

条文[編集]

(事業用定期借地権等)

第23条
  1. 専ら事業の用に供する建物(居住の用に供するものを除く。次項において同じ。)の所有を目的とし、かつ、存続期間を三十年以上五十年未満として借地権を設定する場合においては、第9条及び第16条の規定にかかわらず、契約の更新及び建物の築造による存続期間の延長がなく、並びに第13条の規定による買取りの請求をしないこととする旨を定めることができる。
  2. 専ら事業の用に供する建物の所有を目的とし、かつ、存続期間を十年以上三十年未満として借地権を設定する場合には、第3条から第8条まで、第13条及び第18条の規定は、適用しない。
  3. 前二項に規定する借地権の設定を目的とする契約は、公正証書によってしなければならない。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
借地借家法第22条
(定期借地権)
借地借家法
第2章 借地
第4節 定期借地権等
次条:
借地借家法第24条
(建物譲渡特約付借地権)
このページ「借地借家法第23条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。