刑事訴訟法第17条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタールコンメンタール刑事訴訟法=コンメンタール刑事訴訟法/改訂

条文[編集]

(管轄移転1)

第17条
  1. 検察官は、左の場合には、直近上級の裁判所に管轄移転の請求をしなければならない。
    1. 管轄裁判所が法律上の理由又は特別の事情により裁判権を行うことができないとき。
    2. 地方の民心、訴訟の状況その他の事情により裁判の公平を維持することができないおそれがあるとき。
  2. 前項各号の場合には、被告人も管轄移転の請求をすることができる。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第16条
(管轄指定2)
刑事訴訟法
第1編 総則
第1章 裁判所の管轄
次条:
第18条
(管轄移転2)
このページ「刑事訴訟法第17条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。