刑事訴訟法第188条の7

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタールコンメンタール刑事訴訟法=コンメンタール刑事訴訟法/改訂

条文[編集]

(刑事補償法の例)

第188条の7
補償の請求その他補償に関する手続、補償と他の法律による損害賠償との関係、補償を受ける権利の譲渡又は差押え及び被告人又は被告人であった者の相続人に対する補償については、この法律に特別の定めがある場合のほか、刑事補償法(昭和25年法律第1号)第1条に規定する補償の例による。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第188条の6
(補償の範囲)
刑事訴訟法
第1編 総則
第16章 費用の補償
次条:
第189条
(一般司法警察職員の捜査権)
このページ「刑事訴訟法第188条の7」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。