刑事訴訟法第246条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタールコンメンタール刑事訴訟法=コンメンタール刑事訴訟法/改訂

条文[編集]

(検察官への事件送致)

第246条
司法警察員は、犯罪の捜査をしたときは、この法律に特別の定のある場合を除いては、速やかに書類及び証拠物とともに事件を検察官に送致しなければならない。但し、検察官が指定した事件については、この限りでない。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第245条
(自首)
刑事訴訟法
第2編 第一審
第1章 捜査
次条:
第247条
(国家訴追主義)
このページ「刑事訴訟法第246条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。