コンテンツにスキップ

刑事訴訟法第299条の7

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

法学コンメンタールコンメンタール刑事訴訟法

条文[編集]

(弁護人の違反行為に対する処置)

第299条の7
  1. 検察官は、第299条の4第1項、第2項、第6項若しくは第7項の規定により付した条件に弁護人が違反したとき、又はこれらの規定による時期若しくは方法の指定に弁護人が従わなかつたときは、弁護士である弁護人については当該弁護士の所属する弁護士会又は日本弁護士連合会に通知し、適当な処置をとるべきことを請求することができる。
  2. 裁判所は、第299条の5第3項若しくは第4項若しくは前条第1項から第4項までの規定により付した条件に弁護人が違反したとき、又はこれらの規定による時期若しくは方法の指定に弁護人が従わなかつたときは、弁護士である弁護人については当該弁護士の所属する弁護士会又は日本弁護士連合会に通知し、適当な処置をとるべきことを請求することができる。
  3. 前二項の規定による請求を受けた者は、そのとつた処置をその請求をした検察官又は裁判所に通知しなければならない。

改正経緯[編集]

2023年改正により、以下のとおり改正。

  1. 第1項
    (改正前)検察官は、第299条の4第1項若しくは第3項の規定により
    (改正後)検察官は、第299条の4第1項、第2項、第6項若しくは第7項の規定により
  2. 第2項
    (改正前)裁判所は、第299条の5第2項若しくは前条第1項若しくは第2項の規定により
    (改正後)裁判所は、第299条の5第3項若しくは第4項若しくは前条第1項から第4項までの規定により

解説[編集]

2016年改正により新設。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第299条の6
(書類・証拠物、公判調書の閲覧等の制限)
刑事訴訟法
第2編 第一審

第3章 公判

第1節 公判準備及び公判手続き
次条:
第300条
(証拠調請求の義務)
このページ「刑事訴訟法第299条の7」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。