刑事訴訟法第437条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタールコンメンタール刑事訴訟法=コンメンタール刑事訴訟法/改訂

条文[編集]

(確定判決に代わる証明)

第437条
前2条の規定に従い、確定判決により犯罪が証明されたことを再審の請求の理由とすべき場合において、その確定判決を得ることができないときは、その事実を証明して再審の請求をすることができる。但し、証拠がないという理由によって確定判決を得ることができないときは、この限りでない。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第436条
(再審請求の理由2)
刑事訴訟法
第4編 再審
次条:
第438条
(再審請求の管轄)
このページ「刑事訴訟法第437条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。