刑法第1条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

条文[編集]

(国内犯)

第1条
  1. この法律は、日本国内において罪を犯したすべての者に適用する。
  2. 日本国外にある日本船舶又は日本航空機内において罪を犯した者についても、前項と同様とする。

解説[編集]

本条は、刑法の人的適用範囲についての規定の一つであり、日本国内での犯罪(国内犯)で日本の刑法が適用されることを規定している。「日本船舶」・「日本航空機」内での犯罪行為についても国内犯とみなすことになっている。ここで、日本船舶や日本航空機と認められるためには一定の要件を充たす必要があり、日本の企業が運航しているからと言って日本船舶・日本航空機と認められるわけではない。

判例[編集]


前条:
-
刑法
第1編 総則
第1章 通則
次条:
刑法第2条
(すべての者の国外犯)
このページ「刑法第1条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。