刑法第14条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

条文[編集]

(有期の懲役及び禁錮の加減の限度)

第14条
  1. 死刑又は無期の懲役若しくは禁錮を減軽して有期の懲役又は禁錮とする場合においては、その長期を三十年とする。
  2. 有期の懲役又は禁錮を加重する場合においては三十年にまで上げることができ、これを減軽する場合においては一月未満に下げることができる。

解説[編集]

1項は減軽、2項は加重を定めるが、ともに上限は30年となる。
懲役禁錮量刑を参照。



前条:
刑法第13条
(禁錮)
刑法
第1編 総則
第2章 刑
次条:
刑法第15条
(罰金)
このページ「刑法第14条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。